忍者ブログ

世界盆栽大会盛り上げる…大宮駅周辺でイベント(2017年4月25日 読売新聞 )


世界盆栽大会盛り上げる…大宮駅周辺でイベント

 盆栽の特設販売やマルシェ


 27~30日にさいたま市で開かれる世界盆栽大会を盛り上げようと、大宮駅周辺の商業施設や商店街などが、様々な関連イベントを行う。

 東急ハンズ大宮店は30日まで、盆栽の特設販売コーナーを設置。小ぶりな鉢を中心に2000~5000円程度の商品をそろえた。担当者は「手軽に盆栽を始められるラインアップを意識した」と話す。

 大宮高島屋は、盆栽用の小皿の上に、自然の中を列車が走る情景を再現した盆栽風の鉄道ジオラマ「盆ラマ」の展示販売を、26日~5月2日に行う。大宮の街並みをモチーフにした盆ラマも飾られるという。

 大宮氷川神社の参道で29、30日、地元飲食店約10店が「氷川盆栽マルシェ」と題し、自慢のグルメを出店。大宮アルシェでは29日、盆栽師の平尾成志さんが和楽器やDJの音楽に合わせて盆栽パフォーマンスを披露する。

 30日は大宮銀座通りで、日本文化をテーマにしたイベントが開かれる。平尾さんや、プロ和太鼓集団「和太鼓グループ彩」によるパフォーマンス、地元団体による阿波踊り、お囃子も行われ、大会最終日に花を添える。
PR

さいたまトリエンナーレ開幕 街中でアート (2016年09月25日 読売新聞)

さいたまトリエンナーレ開幕 街中でアート

 さいたま市内で24日、初めての国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」が開幕した。10か国34組のアーティストと市民らによる映像や彫刻、空間芸術や音楽演奏など100以上の展示やイベントが、12月11日まで予定されている。

 開幕セレモニーは同市岩槻区の旧民俗文化センターで行われ、約180人が参加。芸術監督の芹沢高志さんは「まずは作品を見て。積極的に発信していきたい」、清水勇人市長は「共につくる、参加する芸術祭として、皆さんに新しい発見をしてもらいたい」とあいさつした。

 同市南区の別所沼公園では、アーティスト日比野克彦さんと市民らが、アサガオの種をモチーフに制作した長さ約4メートルの船2隻が浮かべられ、同市中央区の彩の国さいたま芸術劇場では、空気圧で膨らんだり縮んだりする直径約4メートルの「息をする花」が登場。同区の服飾デザイナー長嶋良子さん(35)は「近くで見られてうれしい。他の作品も見たい」と話した。

瀬戸選手 リオへ決意(2016年4月25日 読売新聞)

瀬戸選手 リオへ決意

 ◆男子競泳代表 地元で壮行会

 男子400メートル個人メドレーと200メートルバタフライの2種目で、リオデジャネイロ五輪の競泳日本代表に決まった毛呂山町出身の瀬戸大也選手(21)(JSS毛呂山)の壮行会が24日、同町岩井西の町福祉会館で行われた。瀬戸選手は、集まった町民ら約650人を前に「五輪は夢の舞台。毛呂山町に金メダルを持って帰りたい」と決意を語った。

クリテリウムは和装デザイン(2016年4月21日 読売新聞)

クリテリウムは和装デザイン

 世界トップクラスの選手が集う自転車ロードレース「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の実行委員会が20日、さいたま市で開かれ、ポスターやオリジナルグッズなどに使用するデザインを発表した。ツール・ド・フランスの選手が疾走する姿をモチーフにして、市の伝統工芸品である岩槻の人形の和装柄を取り入れた。(山田朋代)

 さいたまクリテリウムは、自転車ロードレースの世界最高峰「ツール・ド・フランス」の名を冠している国内唯一の大会。この日の会合で、4回目となる今年は10月29日に開催し、コースは昨年同様、JRさいたま新都心駅周辺を周回する約3・1キロとすることが了承された。市がフランスの主催会社と3年契約を結んだことも報告された。

 実行委は、大会を通じて地域を盛り上げる方策を検討する部会などを設けることも決めた。新設される「商店街連携部会」は、大会以外の時期もまちがにぎわうための施策を議論。「自転車まちづくり部会」は、市民が安全に自転車に乗れる環境作りを検討する。実行委の担当者は「単なるイベントに終わらず、イベントの効果を地域に波及させたい」と話す。

 会合で清水勇人市長は「大会は地域経済の活性化や、自転車を活用したまちづくりにつながる。成功に導きたい」と述べた。

 「クリテリウム」は、「選抜競技」を意味するフランス語。市街地などの周回コースを走って順位を競う自転車ロードレースを指す。ツール・ド・フランス本大会が開催100回目となる節目に合わせ、2013年に第1回さいたまクリテリウムが開催された。

ツール 3年連続開催へ…企業協賛に期待(2016年4月20日 読売新聞)


ツール 3年連続開催へ…企業協賛に期待

 自転車ロードレース「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」について、さいたま市が今秋以降の3大会連続開催を決めた。2018年の第6回大会まで継続的に開催することで、より広くPRし、協賛を集めたい狙いがある。今年の開催は10月29日。20日にさいたま市内で開かれる第1回大会実行委員会で日程やコース案などの大会概要が承認される見通しだ。

 大会は、さいたま新都心を周回するコースで国内外のトップ選手らが参加して繰り広げられる。昨年10月に開催された第3回大会では、約9万5000人が沿道で応援した。

 今秋の第4回以降の大会について、市は12日、ツール・ド・フランスの主催会社「アモリ・スポル・オルガニザシオン」(ASO)と19年1月までの期間で契約を結んだ。契約金額は351万ユーロ(約4億3500万円)。

      ◇

 読売新聞東京本社は「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」のオフィシャルメディアパートナーを務めます。

プロフィール

HN:
五代目
性別:
非公開

P R