忍者ブログ

造幣博物館が通年開館=さいたま市〔地域〕(2017年4月27日 時事ドットコムニュース)

造幣博物館が通年開館=さいたま市〔地域〕

 造幣局さいたま支局は、同支局に併設された「造幣さいたま博物館」の通年開館を開始した。昨年10月3日に造幣局東京支局(東京都豊島区)がさいたま支局(さいたま市大宮区)に移転後に開館し、貨幣の歴史や造幣局の役割などが学べる博物館は土曜日と祝日は休みだったが、スタッフを増員し、通年開館に対応する。
 さいたま支局によると、開館以降の来館者は3月末時点で2万6910人。館内には、和同開珎の実物のほか、造幣局で製造した勲章や長野五輪のメダルなども展示されている。
 予約不要で、年末年始と展示品の入れ替えなどに伴う臨時休館日を除き、原則通年で開館する。開館時間は午前9時から午後4時半(入場は同4時)まで。入場無料。
 館内の売店も売り場を拡大し、造幣局で製造された貨幣セットのほか、造幣せんべいや見学記念の絵はがきといったミュージアムグッズも販売している。
 さいたま支局総務課は「手持ちの貨幣の重さや厚さを測定し、本来の規格に達しているかを調べる体験コーナーもあり、子どもから大人まで楽しめる。入場無料なので、土日祝日に家族や友人も誘ってお越しください」と話している。(2017/04/27-10:45)
PR

プロフィール

HN:
五代目
性別:
非公開

P R