忍者ブログ

新幹線沿線の市長連携へ さいたまで10月に初会合(2015年5月22日 埼玉新聞)

新幹線沿線の市長連携へ さいたまで10月に初会合

 さいたま市の清水勇人市長は21日の定例会見で、新幹線沿線自治体の連携強化を目的に、市内で10月に市長会議などの開催を計画していることを明らかにした。


 「(仮称)東日本連携・創生フォーラムさいたま」と題した新たな企画は、清水市長が提案した。


 今年3月に北陸新幹線が金沢駅まで延伸開業し、来年3月には北海道新幹線も開業する予定。さいたま市の玄関口でもある大宮駅(同市大宮区)が東日本の新幹線網の結節点としての重要性を増していくため、沿線自治体が主に経済、観光分野で協力体制を築くことを目指す。


 市経済政策課によると、市は今年3月から、北海道、東北、北陸、上越の各地方の中核となる都市を中心とした15市に参加を呼び掛け。既に7市が出席の意向を示しているという。


 10月26日に大宮区内で市長会議と交流会を開催。同31日には大宮駅周辺で、各地の名産や観光資源などをPRするイベントを実施する方向で準備を進めている。


 清水市長は「今後の人口減少社会や、東京に集中しがちな状況を打破していくために、(新幹線沿線)地域の連携をもっと強化できれば」と意義を強調。「単発で終わることなく、継続的に取り組んでいきたい」と述べた。


PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
五代目
性別:
非公開

P R