忍者ブログ

埼玉高速鉄道 収益増へ取り組み強化 企画切符や駅でイベント(2015年1月20日 読売新聞)

埼玉高速鉄道
収益増へ取り組み強化
企画切符や駅でイベント


 県などが出資する第3セクターの埼玉高速鉄道(SR)が、駅構内を活用したイベントの開催や企画切符の発売などに力を入れ始めた。利用者数が見通しを下回る状況が続く中、慢性的な赤字体質から脱却するには、収益増に向けた取り組みが不可欠だからだ。
 SRは昨年12月21日、浦和美園駅(さいたま市緑区)など5駅の構内を使ったイベント「埼玉地酒巡り」を初開催した。SR全線の一日乗車券と、5駅のブースで県内酒蔵の日本酒を一杯ずつ試飲できる参加券をセットにした1000円の切符は416枚売れた。週末の利用者増を狙い、川口市のイベン ト企画会社の発案で行った新趣向は、参加者にも好評だったという。
 ほかにも、昨年5月から、浦和美園駅近くの大型商業施設内の映画館と連携し、鑑賞券と往復切符などがセットになった「シネマきっぷ」を発売した。期間限定を予定していたが、別々に購入するより大人で最大700円以上割安となるため利用者に好評で、通年販売に切り替えた。
 また、サッカーJ1・浦和レッズのホームスタジアムが浦和美園駅に近いことから、選手の写真入り切符を限定販売するなど、新たな試みも始めている。

県など赤字穴埋め
 SRは浦和美園-赤羽岩淵駅(東京都北区)間の14・6㌔で2001年3月に開業。東京メトロ南北線、東急目黒線と相互乗り入れもし、昨年度の1日当たりの利用者数は約9万2500人と01年度(約4万7000人)比でほぼ倍増している。しかし、10年から始めた「経営改革プラン」で計画した10万1000人を下回る。14年3月期の経常利益は28億6700万円の赤字で、県などか赤字を穴埋めする状態が続いている。
 赤字の要因として、建設時などの借入金が約1200億円残っており、利払い負担が収益を圧迫していることがある。SRに出資する県、さいたま市、川口市は、このままではSRの経営自立は困難と判断。「第三セクター等改革推進債」(3セク債)の活用で負債を圧縮するとともに、県などがSRに貸し付けている最大200億円を株式化する経営再建策を昨年発表した。
 県などは15年度の経常利益を2000万円の黒字と見込んでおり、魅力ある切符の販売で運輸収入を増やすとともに、駅構内をイベントで積極活用するなどして施設使用料収入を増やすことも求められる。
 SRは「多くの人に沿線地域に足を運んでもらい、何としても利用者増につなげたい」としている。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
五代目
性別:
非公開

P R