忍者ブログ

埼玉)九条俳句の掲載拒否、自民市議が「文芸に値せず」(2014年10月9日 朝日新聞)

埼玉)九条俳句の掲載拒否、自民市議が「文芸に値せず」

 集団的自衛権行使容認に反対するデモを詠んだ俳句について、さいたま市大宮区の三橋(みはし)公民館が「公民館だより」への掲載を拒否した問題をめぐり、帆足和之市議(自民)が1日の市議会で、この俳句について「文芸に値しない作品」と発言していたことがわかった。

 帆足市議は発言の趣旨について、朝日新聞の取材に「あくまで個人的な意見だが、政治的な作品にしかみえず、文芸作品としては受け取れなかった」と改めて説明した。

 公民館だより7月号への掲載が拒否されたのは「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」の句。発言は、教育委員会の昨年度決算を審議していた決算・行政評価特別委員会であった。

 帆足市議は、同委員会の席上、個人の感想と断ったうえで、「今回の俳句は、文芸を利用した一種の政治的なプロパガンダになった可能性がある」と指摘。「文芸に値しない作品と感じている。もし、公民館だよりに採用されていたら、私としては非常に不愉快」などと、掲載を拒否した公民館の判断を支持した。

 また、社会教育法23条では、公民館が特定の政党の利害に関する事業を行うことを禁じていることにも触れ、「(俳句は)いくつかの政党を連想させる内容で、禁止行為に含まれると類推される」と述べた。市教委側は当初、掲載拒否の理由としてこの条文を挙げたが、その後「作品(の内容)も、公民館だよりの発行も(条文と)関係なかった」として稲葉康久教育長が撤回している。

 この俳句をめぐっては、公民館だよりへの掲載などを求める請願が市議会に出されている。先月12日の市議会文教委では、別の市議から「公民館活動に議会が首を突っ込むことになる。時間をかけて審議すべきだ」などの意見が出され、継続審査となっている。

 帆足市議は2003年に初当選。市議会保健福祉委副委員長を務めている。(平井茂雄)
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
五代目
性別:
非公開

P R