忍者ブログ

さいたま市予算案 一般会計 最高の4649億(2014年2月11日 読売新聞)

さいたま市予算案
一般会計 最高の4649億
再開発、待機児対策重点

 さいたま市は10日、2014年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比3・9%増(173億8000万円増)の4649億円で過去最高となった。JR浦和駅や大宮駅周辺の開発、待機児童の解消策などに重点を置いた。市は「積極的予算」としている。

 清水勇人市長は記者会見で「東日本の中枢都市を目指すため街づくりに力を入れた」と強調した。浦和駅西口の南高砂地区の再開発推進に21億3548万円、大宮駅東口の大門町2丁目中地区の再開発促進に3億4000万円を計上した。17年度までの事業着手を目指す埼玉高速鉄道(SR)浦和美園-岩槻駅の延伸に関連し、周辺の定住人口を増やすための区画整理事業などに、計約125億円を盛り込んでいる。
 4月から認可保育所の定員を672人拡大した分の運営費や、5か所に保育所を新設するなど定員570人分を拡大するための整備費など、保育所や待機児童対策費に137億9667万円を充てた。保育コンシェルジュや家庭的保育事業なども活用し、17年4月までに待機児童をゼロにすることを掲げている。
 文化振興には、16年度に国際的な芸術祭「さいたまトリエンナーレ」(仮称)を開くため、準備や広報活動費に4084万円。3年後に開かれる世界盆栽大会の関連事業、大宮盆栽美術館の情報発信などに計1819万円を盛り込んだ。
 清水市長は「選ばれる都市を実現するため、主要事業に効率的に配分した。90点ぐらいではないか」と自己採点した。

  景気を反映市税1・3%増
 一般会計の歳入は、市税が全体の47・6%を占め2215億1330万円で最多。国庫支出金が17・5%の813億8872万円、市債が12・8%の592億7090万円と続いた。
 市税は、前年度に比べて個人市民税が0・5%増、固定資産税が2・6%増など、全体で1・3%増(28億8406万円増)を見込む。市財政課は「景気が上向き傾向にある」とみる。
 借金となる市債の発行額は、0・5%増(2億8820万円増)で、14年度末の残高は4531億円(市民一人当たり36万円)に達する見通し。
 歳出は、消費増税による負担軽減として低、中所得者に支給する「臨時福祉給付金」(29億円)などで、民生費が6・3%増の1687億6415万円で全体の36・3%。新クリーンセンター整備(66億円)などで衛生費は16・1%増の515億2969万円だった。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
五代目
性別:
非公開

P R